行事 支部大会 ARDF コンテスト アワード 監査指導委員会 組織 登録クラブ 掲示板 ML リンク

 2009年 QSOパーティー規約

■第4回長野県支部 後期QSOパーティー規約 


主  催   JARL長野県支部

参加資格   長野県内で運用するアマチュア局 

       (県外局の長野県内への移動運用参加も認める)
        
       参加中の運用場所の変更は県内であればどこでも可能で、

       モービル等による移動中での運用も可能とする。

       (但し、運用時は /0(移動地)を明らかにするなど運用規則を遵守のこと。)


開催日時  ・2009年 9月13日(日) 10:00?15:00 (00分の時報から時報までの間に交信を終了の事)

周波数    FM(電話)が免許された周波数(28MHzから上のアマチュア局に許可された周波数)

電波形式   FM(F3E)のみ

空中線電力  参加局に許された空中線電力の範囲内

呼出方法     「CQ長野県QSOパーティー」


部 門   1.個人局部門 
       JARL会員、非会員、登録クラブメンバー、非メンバーを問いません。(ゲストオペレーター不可)

      2.社団局部門   
       登録クラブに免許されている社団局、一般社団局(クラブCALL) 

                        (JARL登録クラブであり、社団局のコールサインがない場合は代表の

            1個人局のコールサインを社団コールサインの代用として使うことができます。 

       その場合、ゲストオペレーターでの運用ができます。 また、前期に参加した場合はそのコールサインを使うこととします)

      *.クラブ対抗部門  (サマリーシートの部門欄には、記入の必要は有りません)

                 サマリー登録クラブ欄に記入の有るログ提出局の合計で競う。


       注意 前期QSOパーティーに参加した局は同じ部門で参加しなければなりません。

       また、前期QSOパーティーで個人局のコールサインを使って社団局部門に参加した場合は

       前期と同じコールサインで社団局部門のみに参加できます。


交換No    RS + オペレーター名「ハンドルネーム」 + 自局のポイント


得点(自局の送り出しポイント) 
      ・JARLが県内で開設運用する特別局、地方局           50点
       (JA0RL,JR0ZAX,8J0***等)

            ・JARL長野県支部役員、委員                              40点

       登録クラブが運用する登録社団局
              (コールサインのない登録クラブ所属の代表個人局)            40点

      ・JARL本部、地方本部役員(新潟県支部役員、委員を含む)      30点

            ・長野県支部登録クラブに所属する個人局             20点

      ・上記以外の一般個人局、一般社団局               10点


       注意 「同一バンドでの複数交信は無効」



総得点   各BAND毎の得点合計の総和

書類提出  JARL制定のLOG、サマリー(サイズ不問)又は類似する形式の規定内容記載の書類
         
        注意  ログシートはバンド別に記入すること。

提出締切   2009年 10月 1日 消印有効(郵便)、メール便は必着

表 彰    前期の得点と合計し部門毎に長野県支部より賞状と賞品を授与します。

   ・個人局部門 (送出しのポイントが20,10ポイントの局のみ。関連役員は対象外)

   ・社団局部門 

   ・登録クラブ対抗
    (登録社団局、クラブ所属一般局、役員局で、登録クラブ欄に記載の有るサマリーを合計致します)

   ・2010年1月のクラブ代表者会議で、登録社団部門、クラブ対抗の表彰式を行います。

    同新年会で、個人局部門、一般社団部門の表彰式を行います。

    表彰対象者(クラブや個人)で代表者会議又は新年会欠席の場合の対応につきましては後日取り決めの上別途ご案内致します。

注意事項  1.中継やレピーター使用による交信は不可

      2.クロスBAND、クロスMODE、VOIPによる交信は不可。

      3.個人局ゲストOPによる交信は不可(規約で定めた場合を除く)。

      4.役員や複数のクラブに属している場合の個人コールでの参加の場合は、1種類のポイント使用に限ります。

      5.移動して運用する場合は、放送及び他の通信に障害を与える恐れの有る場所での運用は避けてください。

      6.他のコンテストとの併用は不可

            7.一名のオペレーターで同時に複数局の運用はしないこと。


問合わせ、書類提出先

      〒399-8603 北安曇郡池田町2843信濃池田送信所コンテスト係

            参加証を希望の場合はSASE同封のこと(郵便書簡可能)

      「前期で配布した場合は不可」


  ログシートの記載例

2008年      長野県支部QSOパーティー コンテスト

コールサイン  JH0OZT         430MHz              シートナンバー 1/1

月日時分  交信局    送信      受信    マルチ  得点  運用者  備考

9/14 1100 JH0YKS    59 フリハタ 40    59 コニシ     30     30

9/14 1110 JH0TIS     59 フリハタ 40     59 オヤナギ    40      40

9/14 1112 JA0GWK    59 フリハタ 40     59 ソネハラ     10      10



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



■ 2009年 第4回長野県支部 前期QSOパーティー規約 
 
 

変更点 日付が異なれば、同一局との交信も有効。

    得点は、1交信10点→1交信1点。




内容  JARL長野県支部では簡単に楽しめるFMの通信を利用し、V,UHFのアクティビティを高め

        交信を楽しんでいただくために、QSOパーティーを開催します。

    方法は通常のQSOで局数勝負ですが、期間が2週間ありますので

        根気よく続けることが大切です。

    相手がQSOパーティーに参加していない場合も、RSレポート+オペレーターネーム 

    「運用者名またはそれに代わるもの」+ 運用地「市町村名」

    を交換すれば1交信1点となります。(1交信10点から1点訂正 誤植により訂正5/28)

    また、9月に後期のQSOパーティーがあり、こちらは競走意識の強いルールとなっており

        前期、後期の合計点により表彰します。

    参加された希望者には参加証配布します。

    5年間継続して集めると全員に賞品が贈られます。



目  的   V,UHF帯の活性化を図り、手軽に運用できるFMでの魅力を改めて認識する。 

主  催   JARL長野県支部

参加資格   長野県内で運用するアマチュア局 (県外局の県内への移動運用も可) 

       参加中の運用場所の変更は県内であればどこでも可能で

       モービル等による移動中での運用も可能とする。

       (但し、運用時は /0(移動地)を明らかにするなど運用規則を遵守のこと。) 


開催日時   2009年5月16日(土)00:00 から 5月31(日)21:00
                    
       (00分の時報から時報までの間に交信を終了の事)

周波数    FM(電話)が免許された周波数
       (28MHzから上のアマチュア局に許可された周波数)

使用電波形式 FM(F3E)のみ

空中線電力  参加局に許された空中線電力の範囲内

呼出方法   通常のQSOに準ずる

交信相手   アマチュア局「県内外を問わない」
      
部 門   1.個人局部門 
        JARL会員、非会員、登録クラブメンバー、非メンバーを問いません。
        (ゲストオペレーター不可)

      2.社団局部門   
        登録クラブに免許されている社団局、一般社団局(クラブCALL)

             (JARL登録クラブであって社団局のコールサインがない場合は代表の

        1個人局のコールサインを社団コールサインの代用として使うことが 

        できます。 その場合ゲストオペレーターでの運用ができます。

        なお、後期コンテスト参加も同じコールサインを使うこと)

      *クラブ対抗部門  (サマリーシートの部門欄には、記入の必要は有りません)

       サマリー登録クラブ欄に記入の有るLOG提出局の合計で競う。

交換ナンバー 1. RSレポート
       2. オペレーターネーム「運用者名またはそれに代わるもの」
       3. 運用地「行政区分による市町村名」

                送信受信とも、この3つをログシートに記載

得 点     完全な交信に付きすべて1点

       「同一局との交信も、バンドまたは日付が異なれば重複交信可能」

総得点     得点合計の総和

書類提出    JARL制定のLOG、サマリー(サイズ不問)又は類似する形式の規定内容記載の書類

注意      ログシートはバンド毎とする

提出締切    2009年 6月 7日(日) 消印有効(日本郵便での提出を推奨します)

表 彰     前期、後期の合計点を考慮の上、下記の部門毎に長野県支部より賞状 

        と賞品を授与します。  (関連役員、委員は対象外)

       ・個人局部門 
       ・社団局部門 
       ・登録クラブ対抗(登録社団局、クラブ所属一般局、役員局で、
               登録クラブ欄に記載の有るサマリーを合計致します) 


      ・2010年1月のクラブ代表者会議で、登録社団部門、クラブ対抗の表彰式を行います。

      同新年会で、個人局部門、一般社団部門の表彰式を行います。

      表彰対象者(クラブや個人)で代表者会議又は新年会欠席の場合の対応に

      つきましては後日取り決めの上別途ご案内致します。

注意    1.アナログレピーター使用による交信も可能「ただし長時間占有は避けること」。

      2.クロスBAND、クロスMODE、VOIP、(D-STAR,WIRES、エコーリンク等)を利用した
       交信は不可。 

      3.個人局ゲストOPによる交信は不可(規約で定めた場合を除く)。

      4.移動して運用する場合は、放送及び他の通信に障害を与える恐れの有る
       場所では運用を避けるようお願い致します。

      5.他のコンテストとの併用は不可

問合わせ、   SASEで書類提出先又は下記インターネットまで
            http://jarl-nn.asama-net.com/index.php?mode=mailform&to=contest

書類提出先 〒399-8603 北安曇郡池田町2843信濃池田送信所コンテスト係
        
           参加証を希望の場合はログに朱書きの上120円切手を同封のこと



 ログシートの記載例

2009年      長野県支部QSOパーティー コンテスト
コールサイン  JH0OZT         50MHz              シートナンバー 1/1

月日時分  交信局    送信        受信    マルチ 得点 運用者 備考
5/21 2100  JA0OZZ  59 フリハタ 白馬村  59 イベ柏崎市       1   白馬村移動
5/22 2210  JH0TIS   59 フリハタ 松川村  59 オヤナギ上田市    1
5/22  2212  JA0IXW   59 フリハタ 松川村  59 コニシ大町市     1




この記事に関するお問い合わせ申し込みは こちら
このホームページはJARL長野県支部が管理しています。
Copyright (C) 2006 JARL長野県支部. All Rights Reserved